IT業界と英語力

IT業界では絶対に高い英語力が必要かといえばそうではありません。
さほど英語力がない知人がIT系で開発の仕事をしていることが多くあると思います。
そうはいってもIT系の技術は主として英語圏からやってきており、飛び交う言葉は英語そのものという状態です。
英語の意味がわかっていないがゆえにやるべきことを誤解してしまうということは実際にありえます。打ち合わせしていて、互いに認識があっていると思っていても誤解することがあります。
したがって、英語力はあるべきです。
そうはいってもそんなに優れた技術者はそうそうのぞべくもなく、自分は英語力はないと思っていてもITで開発がやりたいなら、その道に進んでなんら問題ないと思います。
問題はIT系の仕事にめでたく従事できるようになった後で、日々の仕事のなか、できるだけわからない英語を調べて自分の身につけていくことです。
漫然とせずに、自分のペースで無理なく徐々に習慣として英語を調べ、拒否反応をなくしていくことです。