自分には合わない仕事にあたってしまうこともある

IT業界と一口にいっても様々な分野があります。
WEBサイトの開発、スマホアプリの開発、別な観点だと、病院などの医療系のシステム、宅配などの流通系のシステム、AIBOなどのロボット、カーナビ、果ては原発や加速器など、非常に多彩なシステム開発があります。
なんとなくIT業界と思って就職、転職してみたら、非常に高度な数学的、物理的言葉が飛び交う現場で自分には合わないという結果になることもありえます。
IT会社に勤めているなら、そうそうできるはずもない仕事を任されることはないはずです。しかし、自分の仕事は高度な数学的、物理的意味がわかっていなくてもできる内容に整理された形で与えられるとしても、そうした高度な雰囲気にどうしてもなじめないということはありえます。
就職、転職する先の会社でどういう仕事をすることになるのか、可能は限り情報を集めてから、就職、転職するのがよいでしょう。なじめない雰囲気の仕事にあたってしまった場合は、ストレスで健康が損なわれてしまっては困りますが、あまり早々にそこをやめてしまうと自分の経歴としてあまる見た目がよろしくないことになるので、可能範囲でがんばり続けることが必要です。