はじめての仕事

会社によっては全くの未経験でもIT技術者として採用する場合も多くあると思います。
そのような場合、開発者として育成するなら、まずはプログラマとしての仕事をすることになるでしょう。
場合によっては、テストの手伝いなどをすることもあるでしょうが、とにかくプログラムを実地で行い、できるようになったもらうことが必要となります。
プログラムができるようになるには、勉強することが第一でまずは会社で教育が行われることになります。
会社によって教育に割ける人員には限りがあるので、ある程度の説明期間ののち自習となることもあります。もちろん自習のみで放置することはなく、どの程度できるようになったかの見極めや、習熟度が進んできたら、その先について、さらに技術的な説目をされるでしょう。

こうしてある程度の技術的な研修期間が終わると、習熟度が十分でなくても、先輩について実際にプログラムを行い作業に就いていくことになります。このレベルでは、とにかく実務に慣れていきながら、技術を身に着けていくことが求められます。