ITコンサルタントとは

ITコンサルタントは、「consult」(相談)の名が示すように、相談される人です。
主としてシステムエンジニアが行う「ソフトウェアの設計」作業とは、どのようなシステムを作るのかが決まった後、そのシステムを実現できるソフトウェアの設計を行うことです。
どのようなシステムを作るのかを決めるたからには、決めた人がいます。
この「どのようシステムを作ればよいか」ということを考えることを企業から依頼されることがシステムコンサルタントの仕事の1つです。
つまり、システムのソフトウェアの設計をする以前に、企業の業務を分析し、システムを提案するのです。したがって、企業の業務にも詳しく、コンピュータシステムにも詳しいというスペックが要求されます。
これは、ソフトウェア開発の前の段階の仕事になります。

ソフトウェア開発の後段階の仕事もあり、システムが十分な成果を上げているか分析し、改造、新規システムへの置き換えの提案などを行ったります。

また、システム開発の発注、工程管理をすることもあります。

非常に高い知識、経験、能力が要求されますので、報酬が高いです。