プロジェクトマネージャとプロジェクトリーダー

一般の会社では、社長、部長、課長、係長などの役職がありますよね。
ソフトウェア開発の現場では、管理する立場の人を「プロジェクトマネージャ」「プロジェクトリーダ」などど呼びます。
最後の横棒を略すかどうかは統一せず、筆者の感覚で「プロジェクトマネージャ」「プロジェクトリーダー」と表記しておきます。

プロジェクトマネージャは「PM」、プロジェクトリーダーは「PL」と略されます。
規模が大きいプロジェクトではPLの下にサブリーダーが存在する場合もあります。

PM、PLどちらも管理する役割を持つので、そういう意味ではマネージャです。なにしろPLに必要は要素は管理能力であると言われています。

厳密な定義はありませんが、PM、PL両方が存在しているプロジェクトでは、PMはPLより上の立場となるのが一般的かと思います。
そのような場合、PLは、実際にソフトウェアを作る(設計、開発(プログラミング工程)、テスト)仕事に関して管理をする人、PMは人材を集めたり、お金関係を処理したりという具体的なソフトウェア作成の外側の仕事をする、PLの管理をするといったことになるでしょう。